妊娠線予防クリームはママミーがおすすめ♪市販品にない特徴とは?

ご妊娠おめでとうございます!

我が子がお腹の中で成長しているのを感じると、うれしかったり楽しみだったりするとともに、気になってくるのが妊娠線のことですよね。

妊娠線ができてしまう確率は50%以上とも80%以上とも言われており、非常に高い確率でできてしまいます。

しかも、一度できてしまった妊娠線は目立たなくなることはあっても、完全に消えることは無いと言われています。

「できたら治す」のではなく、「できないように予防する」ことがとても大切になってきます。

どうして妊娠線ができるの?原因はなに?

妊娠線の予防を始める前に、簡単に妊娠線ができる原因を理解しておきましょう。

妊娠線ができる主な原因は2つあるといわれています。

原因
  • 急激な体型の変化
  • ホルモンバランスの変化

原因① 急激な体型の変化

妊娠週数が進んでお腹が大きくなったり脂肪が増えてくると、それだけ皮膚も引き伸ばされることになります。

また、お腹ほどではありませんが、他にも大きくなりやすい部位のバスト、二の腕、太ももなどにも妊娠線はできることがあります。

皮膚は大きく分けると下の図のように表皮、真皮、皮下組織に分かれています。

表皮は最も柔軟性が高く、お腹のふくらみに合わせて伸びることができます。しかし真皮はそれほど柔軟性が高くないため、急激な伸びについていけなくなると、断裂が起きてしまい妊娠線になります。

原因② ホルモンバランスの変化

妊娠するとステロイドホルモンの分泌量が増加することで、新陳代謝の働きが鈍くなり皮膚は乾燥しやすく弾力性も低下します。

ホルモンバランスの変化により乾燥しやすくなったところに、急激な体系変化が合わさることで断裂が起きやすくなります。

妊娠線を予防するにはどうすればいいの?

クリーム

原因が2つあることはわかりましたので、それぞれに対処することが妊娠線の予防につながります。

対策① 急激な体型の変化を避ける

胎児が成長することによるお腹の膨らみは自然なことなので、その他の急激な体系の変化と言えば、食べ過ぎて太ってしまうことですね。

妊婦健診で太り過ぎていると指摘されないように、食べ過ぎずバランスの良い食事を心がけましょう。

特にツワリが落ち着いてからの食欲増加には注意が必要です。それまでの反動からついつい食べ過ぎてしまう人が多いです。

ただし、太りたくないからといって過度な食事制限はしないでくださいね。くれぐれも胎児の健康的な成長が最優先です。

対策② 妊娠線予防クリームでケアする

妊娠線ができやすい部位にクリームやオイルを塗ってケアすることで、お肌の潤いと弾力性を保ち妊娠線ができにくい状態にします。

ただし、一般的な保湿用のものから専用のものまで、市販品・通販品を含めると数多くの製品が販売されていますが、どれも同じというわけではありません。

市販品と専用クリームの違い

製品毎の違いはありますが大まかな傾向として、ドラッグストアなどで売られている市販の保湿クリームは、表皮の皮脂不足を補うことで乾燥を防止します。

それに対し専用クリームは、真皮まで浸透してケアすることを目的としているものが多いです。

もうお分かりだと思いますが、妊娠線の予防で重要なことは柔軟性の低い真皮が断裂しないようにケアすることなので、表皮に働きかける市販の保湿クリームよりも専用クリームを使う方が効果が期待できるというわけですね。

妊娠線予防クリーム「ママミー(mamame)」

ママミーは妊娠線予防クリームのなかでも比較的新しい製品ですが、これまでにない唯一の特徴があります。

ママミー(mamame)の特徴とは?

それは、2016年に日本人研究者がノーベル賞を受賞したことで有名になった、細胞内のリサイクルシステム「オートファジー」に着目していることです。

オートファジーの作用では、不要になったたんぱく質などを細胞自身がリサイクルし、新しいたんぱく質を作る材料にしたり、細胞内をきれいに保つ役割などをしていることがわかっている。

引用元:HUFFPOST

簡単にまとめると、オートファジーとは細胞が持っている健康な状態を保とうとする力のことですね。

そしてママミーにはオートファジーの調整や作用を促進させるといわれる2大成分が含まれています。

オートファジーをサポートする2大成分を配合

  • アスパラガス茎エキス(オートファジーの調整に効果が高いとされる「サポニン」を多く含む)
  • 酵母エキス( エキスに含まれる「α-グルカン」がオートファジーを促進することが期待される )

つまり、ママミーは外部から与える成分で保湿などのケアを行うだけでなく、オートファジーの作用を促進することで体の内部から妊娠線を予防しようとするクリームなんです。

もちろんその他にも妊娠線予防クリームとしての基本はしっかり押さえられています。

多数の美容成分を贅沢に配合

  • シラノール誘導体(皮膚の弾力性やハリ)
  • リンゴ・アルガン幹細胞エキス(エイジング効果)
  • エラスチン(真皮のハリと弾力性)
  • 4つのセラミド(肌のバリア機能)
  • ビタミンC誘導体(抗酸化作用や肌の弾力)
  • アルガンオイル(肌の潤い)
  • ヘスペリジン(血流改善)
  • コラーゲン(保湿)
  • シアバター(保湿)
  • ホホバオイル(保湿)
  • ヒアルロン酸(保湿)

ママミーでは独自浸透技術でこれらの成分を深くまで浸透させます。

妊娠中のデリケートな肌にやさしい

ママミーでは肌トラブルの原因になりうる以下の不要な成分を配合していないので安心です。

パラベン / アルコール / 合成香料 / シリコン / ラノリン / サルフェート / 石油系界面活性剤 / 鉱物油 / 合成着色料 / 加水分解コムギタンパク / 紫外線吸収剤

ママミーをお得に買うには?

ママミーを買うには単品購入か定期購入がありますが、驚くほど定期購入の方がお得です。

単品購入の場合

単品値段

7,200円(税込み価格)+650円(送料)=7,850円

単品で購入する場合は、1本あたり7,850円で購入できます。

定期購入の場合

定期値段

初回のみ限定で60%OFFの2,980円
2回目以降は 2本(9,960円)まとめて 2カ月毎の発送となります。

定期購入だと送料は全て無料、実質 1本あたり4,980円なのでとてもお得ですね。

発送イメージ
発送のイメージ

定期購入で申し込んで、もし自分に合わなかったらどうしよう?
と心配されるかもしれませんが安心してください。

15日間返金保証あり

少し使ってみてやっぱり合わないと感じたら、15日以内であればショップに電話で連絡して本品を返送すれば大丈夫。

返送料金はかかりますが商品代金分を返金してもらうことができます。

契約期間の縛りなし

期間の約束も縛りもないので、発送の10日前までにショップに電話で連絡すればいつでも解約することができます。

ショップの連絡先TEL: 03-6418-1193 (平日 10:00~18:30)

ママミーに限らず妊娠線予防クリームは妊娠初期、お腹が大きくなる前から塗り始めるのが良いとされているので、少なくとも半年以上は続けることになります。

最初から定期購入を選んでおけば、かなりお得だし手間も省けますね。

出産してもキレイでいたいあなたへ

プールサイド

私が妊娠したときは、何の根拠もなくきっと自分は大丈夫だろうと思って何もケアしませんでしたが、お腹にくっきりと妊娠線ができてしまいました。

それからというもの海やプールに行っても妊娠線が気になってしまい、お腹が露出しない水着やTシャツを着るようになってしまいました。

幼稚園生になった子供には「どうしてママのお腹はギザギザしてるの?」なんて無邪気に言われたことも。。。

妊娠線ができるのは個人差によるところも大きく、予防クリームでケアしたからといって必ずしも妊娠線ができないとは限らないし、何の予防もしてないのに全く妊娠線ができない人もいます。

頭ではわかっているんですが、出産から5年以上経った今でも思う時があります。

「どうしてダメ元でも妊娠線の予防をしなかったんだろう…」

「予防クリームを塗るだけでもしかしたら防げてたかも…」

まさに後悔先に立たず、悔やんでも悔やみきれません。
予防してダメだったのなら諦めもついて、いつまでも引きずることは無かったかもしれません。

妊娠期間はどんなに頑張っても限りがあります。いつまでも続くものではありません。

「ダメもとで効いたらラッキ~」くらいの気持ちで予防に取り組むと気が楽かもしれませんね。